フロスをすると口臭が改善するってホント?

みなさんは歯を磨くとき、どんなアイテムを使っていますか?

アリートは販売店での市販なし…!

もちろん、一番に思い浮かぶのは“歯ブラシ”です。歯ブラシの種類だけ思い浮かべても、ブラシ部分が大きいものや小さいもの、毛の硬いものや柔らかいもの、また、電動のタイプや手動のタイプなど、たくさんの種類がありますね。

しかし、どんなにいい歯ブラシを使ってどんなに上手に歯磨きをしたとしても、口の中には磨ききれない死角がたくさんあります。

もしあなたが「しっかり歯磨きしているのに口臭がある」と感じるなら、その死角にたくさん汚れが残っているのかもしれません。

口臭が気になる方におススメしたいのは、“フロス”を使って歯の間の汚れをしっかり取ることです。

フロスは“糸ようじ”ともいわれ、歯と歯の間を磨くためのアイテムです。歯ブラシを使って歯を磨いた後にフロスを使って歯の間を磨いてみると、べたっとした汚れが糸に絡まって取れてきます。少し抵抗があるかもしれませんが、一度その汚れの臭いを嗅いでみてください。そうすると、この汚れが口臭に繋がるものだと自覚できるでしょう。

フロスの形状はさまざまありますが、初心者の方なら柄がついたものがおすすめです。歯の間を通すとき、歯の表面をこするように動かしてみてください。

これまでの歯磨きに加えフロスもするようになると、歯磨き後の爽快感が一段と上がります。一度その爽快感を感じれば、きっとあなたもフロスのとりこになるはずです。